ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ユーザベース(M3966)

注目の厳選銘柄

ユーザベース(M3966)

来12月期はV字回復予想。もみが煮詰まったら一段高が期待出来そうなチャートになっています!

市場はまだ不安定ですが、きょうは攻めの銘柄です。
いつか紹介しようと思い、ずっとウォッチしていました。今12月期が減益予想でしたからチャンスを待っていたら、いきなりの増額修正発表。
ただ足元のチャートは中段もみ合い。全般相場が下げている中にあっては強さが感じられる動きで、煮詰まったら上放れる可能性大と思い紹介しました。

説明の難しいIT会社です。
様々なビジネスデータを活用することによって企業の意思決定を支える情報インフラを提供を行っています。
私は1990年にマサチュセッツ工科大学などに当時米国ではやりの意思決定を支える「戦略情報システム」を調査しに行ったことがあります。
その時とは比較にならないほどの進歩で、私も同社の内容はよくわかりません。
ただ業績から見て凄いポテンシャルを秘めた会社であることは分かります。

2018年12月期は売上高90億円(前期比97%増)、営業利益6.10億円(同11%増)、経常利益2.15億円(同8%減)と大幅増収ながら、減益をしていました。
しかし11月8に日に今12月期の第3四半期決算が売上高54.31億円(同71%増)、営業利益1.05億円(同76%減)、経常利益▲1.40億円(同131%減)となったことを受け、通期業績を売上高90億円(不変)、営業利益6.50億円(同19%増)、経常利益3.50億円(同32%減)に増額修正しました。
会社資料には、米社買収にかかる会計処理が確定したこと、各事業の着地見通しが立ってきたため、と出ています。
今期業績を慎重に見ていたことが背後にあったようです。
会社四季報は2019年12月期は買収効果から売上高130億円、営業利益9億円、経常利益6.50億円とV字回復し、2期ぶりの最高益を予想しています。

その通りになるとは限りませんが、来期は一段の好転が期待されます。
今期の減益予想を受けて大きく下落した後だけに、底入れ反転の動きになったここは狙い目でしょう。
信用買い残は60.5万株ありますが、「貸し株」が102.3万株出ており需給は良好。
なおSMBC日興証券は14日付で投資判断「1」を継続、目標株価を4060円→4100円に引き上げています。
きょうは売り先行の始まりとなりそうです。心配な方は寄った後の動きを見てから買ってください。

(16日株価2796円-56円)買いゾ~ン3000円まで 見切りライン2499円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制