ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ユナイテッドアローズ(7606)

注目の厳選銘柄

ユナイテッドアローズ(7606)

寒波襲来で予想以上の決算になりそうです。需給・チャートからも狙い目大です!

この数日で好決算ながら売られた銘柄の価格修正が進んだので、本日は冬将軍銘柄。
昨日、早朝のTVで日本列島は11月中旬としては36年ぶりの冷え込みになったと放送していました。
この恩恵を受けるのがアパレル各社。
秋冬物は春夏物より格段に高く利益率が高いため、予想以上の利益増になる可能性があります。

最終的に残ったのはオンワード(8016)、Uアローズ(7606)、しまむら(8227)ですが、いろいろ考えた末、Uアローズにしました。ただオンワードも好決算を好感して上げたあと下げており、しまむらも底入れをうかがわせる動きとなっています。そちらを買われてもOKとみています。

9月中間期経常を17.77億円→31.24億円(前年同期比73%増)に、売上高を686億円→697.40億円(同7%増)に増額修正したのを好感し、10/30に4470円まで急伸しましたが、その後は一転、利益確定売りに押される動きとなっていました。
11/6の本決算では通期業績は売上高1538億円(同5%増)、経常利益101億円(同7%増)と発表しましたが、これは従来予想をそのまま出しただけです。

注目されるのは売り上げが伸びている点。オンワードでも主力ブランドは国内では回復していると出ていました。またしまむらでは今年の上期は天候不順で3~4月は気温が低く推移し、8月は台風(2回)の影響を受けたとコメントしていました。
こうした中で健闘していることは評価に値します。

過去最高益は2014年3月期に記録した137.39億円ですが、その時の中間期経常は44.45億円でした。
売り上げ、利益の最盛期は10~12月です。寒波が到来しているとすれば予想以上の売り上げになる可能性があり、最高益を一気に更新する可能性もあります。
オンワードも魅力的でしたが、今回はこの最高益更新の可能性があるということが決め手になりました。
チャートも底入れ反転のうかがわせる動きになっています。
信用倍率は1.80倍と接近、「貸し株」が71.7万株出ています。これは昨日出来高(18.33万株)の3.91日分に相当します。需給面からも狙い目は大とみます。

(20日株価3945円+105円) 買いゾ~ン4000円まで 見切りライン3739円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制