ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ヤマシナ(東証2部5955)

注目の厳選銘柄

ヤマシナ(東証2部5955)

増額修正を好感して急伸した後、ほぼ「往って来い」となっています。振り出しに戻ったここは狙い目!

あしたから決算発表が始まります。
手掛かり材料がありませんので、本日は下値不安の乏しい銘柄。
ヤマシナです。これまで何度も紹介してきました。主に銘柄に困った時です。

4/21に増額修正を好感して88円まで急伸した後、一転、売りに押されています。
23日終値の79円は修正発表前の77円と2円しか変わりません。地合い悪化が下落の主因だとみられるので、この水準は狙い目と判断しました。
過去何度も紹介してきた銘柄で、銘柄に困ったとき紹介しようと登録してずっとウォッチしていました。増額修正を発表したときは、しまった!と思ったほどです。

2021年3月期売上高を90.50億円→93.30億円(前期比2%減)に、経常利益を4億円→5.40億円(同34%増)に引き上げ、一転して大幅増益なると発表しました。今の経済環境での増益達成は大変なものです。
会社資料には「コロナ感染症の拡大を受けて経済活動・個人消費が大幅に落ち込み厳しい状況でありましたが、経済活動が徐々に再開し金属製品事業の販売が想定より好調に推移した」と出ていました。
今期につながる内容ではないかと思います。

増額修正発表前の予想ではありますが、会社四季報は今3月期は売上高92億円(会社予想比1%増)、経常利益4.20億円(同5%増)と増収増益を予想していました。
前期の1株利益は2.32円と2円を超えています。マンションなどの不動産事業が安定した収益を稼いでいますので、今期は多少の増配の可能性もあります。
信用倍率は24.78倍と大幅な買い長で買い残が409万株ありますが、「貸し株」も80万株超出ています。
出来高を考えたら需給はそう悪くありません。
なおPTSは79.1円+0.1円、出来高1500株となっています。

(23日株価79円±0) 買いゾ~ン85円まで 見切りライン75円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制