ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

メドレー(M4480)

業績は好調で今期も最高益更新予想。フシ突破です。強さは本物ではないかと思います!

きょうはメドレーです。
TTドコモとの資本務提携を好感、ストップ高した4/27に、本日と翌日に分けて利確してくださいとしていた銘柄です。
その時はドコモが同社株式2.93%を取得し、ドコモの顧客に同社のオンライン診療アプリを普及させ、相乗効果を狙う戦略が評価されました。タナボタだと思い、利確を指示したわけです。
その後、調整を入れてから前の株価を上回って来ました。強さは本物だとみられるので、ここは追撃買いのチャンスと見ました。

ヘルスケア業界向けの成果報酬型人材紹介が主力で、オンライン診療システムや電子カルテシステムも手掛けています。時流に乗った会社で業績は急ピッチで拡大しています。
2020年12月期は売上高68.30億円(前年同期比43%増)、経常利益3.96億円(同137%増)と大幅な増収益を達成、最高益を更新しました。
今12月期の第1四半期は売上高21.25億円(同70%増)、経常利益▲1.33億円(前年同期は▲2.11億円)と大幅増収となったものの、赤字でした。
ただそんな中、通期売上高を100~105億円→107~112.70億円(57~65%増)に、通期経常を0.1~5.50億円→1.80~6.80億円(▲57~60%増)に引き上げています。

株価はこの決算(5/14発表)を受け、一段安となりました。赤字にびっくりしたか、業績のレンジの幅が大きすぎてどう捉えたらいいか分からなかったからではないかと思います。
同社は中間期予想を発表していないので進捗状況は分かりませんが、業績が予想以上のペースで来ているのは確かです。
ここへ来ての順調な動きはそこを評価しているのでしょう。

信頼性の高いMACDは3月中旬にいち早く底を入れており、相場の流れをいち早く示すパラボリック指数は5/21以降、陽転(=買いシグナル点灯)が続いています。
ここは4/28の大商いを吸収して上に抜けたのを評価すべきではないかと思います。
信用買い残が70万株ありますが、「貸し株」も73万株超出ています。需給は長江です。
マザーズ銘柄ですが、時価総額は1548億円もあります。そのうち1部昇格が発表されるかもしれません。

(株価4835円-20円) 買いゾ~ン5000円まで 見切りライン4304円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制