ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

メイコー(JQ6787)

 全面安相場の中で逆行高している銘柄は背景に上がる何がしかの要因があり、株価の基調は他の銘柄より強いと見なければなりません。同社の本日の上昇率は5.0%。出来高も前日の倍以上に膨らんでいます。ちょっと上げたという感じの上げではありません。基調は相当強いのではないかと思われます。
 年度内に国内外で2000人の人員削減を実施するほか、国内工場の統廃合、役員報酬の10~30%カット、管理職給与の6.5~10%削減など大胆なリストラを推進中。これにより来期は年間約80億円のコスト削減が可能と発表しています。
 今3月期の連結経常利益は従来予想の52億円の黒字から収支トントン(前期は68億円の黒字)に下方修正されましたが、来期は80億円のコスト削減効果で大幅増益に転じる可能性があります。エレクトロニクス業界で増益予想を発表したらインパクトは相当なものになるはずです。
 野村証券も大胆なリストラを評価、投資判断を「中立」から「強気」とし、目標株価を1000円から1100円に引き上げています。
 株価上昇に伴いカラ売りも増加。日証金ベースの貸借倍率は2.84倍(10日)から0.77倍(11日)に急改善。逆日歩も5銭と需給妙味も出ています。今後のカラ売りの入りかた如何では大幅高となる可能性大でしょう。買う買わないはあすの日証金の取り組みを見てから決めてもいいと思います。(株価670円+32円 見切りライン599円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制