ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > メイコー(JQ6787) 

注目の厳選銘柄

メイコー(JQ6787) 

 底入れ反転の動きになってきたとみていいでしょう。業界環境は相当厳しくなっていますが、会社にはそれを跳ね返す断固たる決意が感じられます。
 今3月期の連結営業利益は従来予想の60億円から15億円(前期比79%減)に、経常利益は52億円から7億円(同90%減)にそれぞれ下方修正されましたが、同業他社のようにひどい業績になっているわけではありません。
 注目されるのは環境激変を受けた大胆な構造改革。これにより来期は年間80億円のコストが削減出来るとしています。その主なものは①工場の統廃合。1月末に横浜工場を閉鎖して宮城工場と統合。これによるコスト削減効果は年間約24億円。②建設中の中国・武漢第2工場とベトナムのプリント基板工場の建設計画を見直す、③3月までに国内で約500人(国内人員の約25%)、海外で約1500人(海外人員の約20%)の人員削減を実施する、④役員報酬の10~30%減額、⑤管理職給与の6.5~10%カット、⑥その他、全グループにおける各費目についての徹底的な削減などとなっています。
 これらの効果が年間80億円にのぼるとのことですが、その通りなら来期は大幅増益に転じる可能性も充分あります。これを受け野村証券も投資判断を「中立」から「強気」格上げし、目標株価を1000円から1100円に引き上げています。
 1株純資産は2281円もあります。PERはわずか0.29倍台。新興不動産株以下の評価しかされていません。株価はまだ底値圏です。押してきたここは狙い目ではないでしょうか。(株価676円-59円 見切りライン599円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制