ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ミマキエンジニアリング(6638)

注目の厳選銘柄

ミマキエンジニアリング(6638)

大きく調整しましたが、悪材料は織り込み、反転の動きに変わろうとしています。下値リスクは乏しく、ここは狙い目!

本日は久々の製造業です。これまでの下げで円高懸念や貿易戦争懸念は十分織り込んだとみています。
1/26に1288円の高値を付けた後、大きく調整していましたが、3月下旬以降下げ渋る動きに変わり、ここへ来て反転の動きに変わろうとしています。
高値からの下落率は43%超。テクニカル的には売られすぎ状態となっていましたので、3/26の730円で底は入れたとみられます。

こうした中、2018年3月期の増額修正と増配を発表しました。
売上高は521億円→524億円(前期比8%増)に、経常利益は20億円→23億円(同31%増)に引き上げ、配当は10.00円→12.50円に増配(うち期末配5.00円→7.50円)するとしています。
会社四季報は「会社比強気」とし経常利益を23.50億円に引き引き上げていましたが、そのような内容となっています。
また会社四季報は看板向けにUVインク使用のプリンターの拡大が続くとし、て2019年3月期も一段の拡大が続くと予想しています。
同社株はこれまで何回も紹介してきました。前回も昨年8/28に紹介し今年1/16に大きく利確することが出来ました。何度目かの紹介です。

信用倍率は3.75倍と買い長で買い残が35.6万株ありますが、「貸し株」が62.0万出ており、需給は良好。
きょうはインターアクション(7725)にするか同社にするか相当迷いましたが、下値リスクが乏しいということが決め手になりました。
インターアクションは大幅増額修正必至で今5月期は3期ぶりの最高益更新に弾みが付きそうな内容となっています。
インターアクションがいいと思われた方は各自の判断で売買してください。

(12日816円+14円) 買いゾ~ン890円まで 見切りライン729円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制