ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ミスミグループ本社(9962)

注目の厳選銘柄

ミスミグループ本社(9962)

マイナスが続いていた月次売り上げが回復に転じる。株価は高値の半値。最高益更新見通しのここは狙い目!

先週末は買われていたバリュー株が売られ、大きく売られていたハイテク株が買われる動きになっていました。結果、日経平均は320円高の引け。
この動きを受けたのでしょうか。米国株も同じような動きとなり、ダウ、ナスダック指数とも大幅高していました。流れが変わったのかも知れませんが、結論はまだ出せません。
本日はミスミG本社です。

5月の月次売上高が305億円(前年同期比5.9%増)と盛り返していました。4~5月累計では602億円(同1.9%減)となっています。
株価はだらだらとした右肩下がりの動きとなっていますが、ここへ来て下げ止まった感じになっています。テクニカル的にみたら超売られすぎ状態となっています。
昨年11月の上場来高値からの下落率は50%でちょうど半値。
買いシグナルを発しているテクニカル指標はありませんが、本日あたり反転すればパラボリック指数は陽転(=買いシグナル点灯)しますし、MACDも底入れしたことが鮮明となってきます。平均足も陽線が続きつつあり、流れが変わりつつあることを示しています。

業績は好調で最高益更新が続いています。
今3月期も売上高4035億円(前期比10%増)、経常利益576億円(同9.7%増)と最高益更新を見込んでいます。
3、4月と月次売上高(5/6と5/20に発表)が減少したので株価は冴えない動きになっていましたが、盛り返したことで変わる可能性があります。
しかも最高益更新。狙い目ではないかと思います。

信用倍率は2.48倍と接近しており信用買い残は15.5万株あります。一方、「貸し株」は244.9万株。需給は最高絵です。
なおPTSは出来ずとなっています。

(24日株価2787円+109円) 買いゾ~ン3000円まで 見切りライン2609円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制