ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ミスミグループ本社(9962)

注目の厳選銘柄

ミスミグループ本社(9962)

決算は予想以上。今期は4期ぶりの益更新となりそうです。需給面からも狙い目!

気配値を見て数分で決めなければならないので大変でしたが、ミスミG本社を選びました。
4期ぶりの最高益更新というのが決め手になりました。

2021年3月期は売上高3107億円(前期比0.8%減)、経常利益271.89億円(同17.0%増)と減収となったものの、増益を達成しました。当初予想の経常利益が205億円(同11%減)で減益予想でしたから出色の内容といっても過言ではありません。
今期は売上高3400億円(同9.4%増)、経常利益376億円(同38.3%増)と一段の拡大を見込んでいます。
過去最高益が2018年3月期の346.79億円ですから、今期はそれを4期ぶりに更新の見通しとなっています。

足元は3655円まで戻した後の調整局面ですが、4/21の2999円で目先の底は付けたのではないかと見ています。高値からの下落率は17.9%ですが、テクニカル的には売られすぎ状態となっていました。
株価の動きをいち早く示すパラボリック指数は昨日、陽転(=買いシグナル点灯)していました。
4期ぶりの最高益更新ですから、2018年当時の3700円更新があってもおかしくありません。

信用倍率は0.38倍と売り長で、売り残は20万株もあります。「貸し株」が287万株超出ていますから、需給面からも狙い目は大。
なおPTSは3225円+125円、出来高900株となっています。

(6日株価3100円+20円) 買いゾ~ン3300円まで 見切りライン2998円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制