ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ベビーカレンダー(M7363)

注目の厳選銘柄

ベビーカレンダー(M7363)

業績好調も上昇来安値近くまで下げています。売られ過ぎ状態のここは狙い目!

10/1紹介した時は相場急落に巻き込まれ見切りライン割れとなりました。
ただここへ来て3連騰。テクニカル的には「超」売られすぎ状態となっていますので、ここは狙い目でしょう。

ことし3月のIPO銘柄です。上場直後に付けた13050円を高値に大きく下落しましたが、8月の4050円で大底は付けたとみています。
高値からの下落率は68.9%。これ以上は下げないといわれる「半値八掛け二割引き」水準で底を入れた形になっています。一時は公募価格(4200円)を下回る水準まで下げていました。
この過程でほとんどの投資家は投げたのではないかと思います。
今年はIPO銘柄の不振が喧伝され、小型株の不振も目立っていました。それがここまで下げた原因ではないかとみています。10/5、6日の下げは地合い悪化から買いが入らなったのが主因だとみています。

妊娠・出産・育児専門サイト「ベビーカレンダー」を運営しており、産婦人科支援ツール「ベビーパッド」も手掛けています。
業績は急ピッチで拡大しており、6月中間期は売上高4.84億円(前年同期のデータがなく伸び率は無し)、経常利益0.39億円(同)となっています。
通期では売上高10.74億円(同20%増)、経常利益1.55億円(同61%増)と大幅増収益を見込み、最高益を見込んでいます。

この決算(8/13発表)を受け、一段安しましたが、売りが一巡した後はすかさず戻す動きを見せていました。
会社四季報の中間期予想(売上高5億円、経常利益0.6億円)を下回ったからだと思いますが、前年同期の数値も分からない中、出した予想を信じていいのか、というのが背後にあったからだとみています(注:同社は中間期見通しは非開示としています)。
規模の経済性から収益性も急速に良くなっています。上場来安値近くまで下げていますので、近く発表される決算を機に動きは変わってくるのではないかとみています。
信用買い残が13.6万株ありますが、「貸し株」も15.5万株出ています。需給は良好です。

(11日株価4675円+70円) 買いゾ~ン5000円まで 見切りライン4359円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制