ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

ベクトル(6058)

最高益更新予想も何故か急落していました。底入れしたとみられるここは狙い目!

きょうはべクトル。これまで幾度となく紹介した銘柄です。
昨年1月にも紹介、コロナショックで急落したとき、ロスカットしないで持続とし、今年1月、12%高で利確することができました。ナンピンされた方は45%超取れています。

決算(4/14発表)を受けて急落していました。
2021年2月期は売上高372億円(前期比1%増)、経常利益27.97億円(同15%減)と増収・減益となりましたが、予想(経常利益で23億円)を大幅に上回って着地しました。
今期は売上高477億円(同28%増)、経常利益40億円(同43%増)と大幅増な増収益を予想、2期ぶりの最高益を見込んでいます。

ところが株価はこの決算を受け、急落していました。理由は分かりません。
小型株の地合いが悪かったから、特定の大口が利益確定に動いたからとしか思えません。株価は高値まで上昇していましたから…。
テクニカル的には超売られすぎ状態となっていました。
信頼性の高いMACDは5月上旬に底入れの動きに変わっており、平均足も4日連続陽線となりトレンドが変わりつつあることを示しています。
相場の動きをいち早く示すパラボリック指数も陽転(=買いシグナル点灯)3日目となっています。

5/14の870円で底は入れたとみられるので、ここは狙い目でしょう。
信用倍率は60.90倍と買い長で買い残が137万株ありますが、「貸し株」も163万株超出ています。需給は良好です。
なおPTSは950.5円+6.5円、出来高100株となっています。

(11日株価944円-2円) 買いゾ~ン999円まで 見切りライン869円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制