ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > プロデュース(6263)

注目の厳選銘柄

プロデュース(6263)

 急落といえる下げです。驚異的な業績拡大が続いていますが、株価はそれとはまったく関係ない動きになっています。いまの新興市場のことを本日の日経新聞が、「米金融不安の再燃で個人の投資意欲は萎縮しており、買いが手控えられるなか換金売りに押される展開が続いている」 と伝えていますが、正鵠を得た表現だと思います。
 いまは内容のいい銘柄まで一緒くたに売られる状態です。しかしこうした異常な状態がいつまでも続くはずはありません。ここは次の回復場面を見据えて対処すべきときだと思います。
 その意味では同社株は最高の銘柄ではないかと思います。来月発表される前6月期決算は最低でも55%増収、66%増益という凄い内容になるはずです。そして今期も売上高は30%以上、経常利益は50~100%以上伸びる見通しです。いまの収益環境を考えたら信じられないくらいの凄い決算発表となります。通常であれば株価が反応しないはずはありません。PERは最低の50%増益で計算しても17.7倍台と割安顕著。成長性の高さが売り物の会社だけにその倍程度の35倍はあってもおかしくはありません。
 ボリンジャーバンドや移動平均線からのカイリ率などテクニカル指標からも明らかに売られすぎ状態となっています。この急落場面は最高の買い場を提供してくれたと捉えるべきでしょう。決算発表は来月15日。買うのは下げ止まってからでもいいと思います。なお業績など詳細は昨日号をご覧ください。(株価302000円-22000円 見切りライン 30万円で買った場合270000円)

(銘柄フォロー) アクロディア(東マ3823) 199000円-20000円

日経平均株価は3カ月ぶりに13000円割れ。マザーズ指数も491.66Pと500Pを大きく割り込みました。
ほぼ全面安状況で、買い物が入らないところを追証の投げでストップ安まで売り込まれた銘柄も多数ありました。アクロディアも20万円台は死守するような動きでしたが引けの20株の売り物で20万円を割れて引けてしまいました。昨日の安値198000円を割れると、2007年9/20に空けた191000円の「窓」埋めに向かうと思います。これで下の「窓」は全て埋めた形となります。もう埋める「窓」はありません。何度も言いますがいつ反発してもおかしくありませんが、現在、市場には諦めムードが漂っています。今晩のバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言に注目が集まっていますが、米金融大手の決算を控え不安感しかない」(銀行系証券)との見方が多いのも事実です。ここは市場が落ち着くのを待つしかありません。

(銘柄フォロー) マネースクウェア(HC8728) 55800
円+5000円

本日はストップ安まで売られてしまいました。ここまで売られる理由は見当たりません。おそらく追証の売りが出たと思います。他にも理由が見当たらないのにストップ安まで売られた銘柄もそうだと思います。

☆引け後に6月度の月次売り上げ報告がありました。
2ヶ月連続で営業収益、口座数、預かり資産がUPしてるのは素直に評価できると思います。

https://www.xj-serve.com/ir2/users/MoneySquare/docs/200715_2006monthly_sokuhou.pdf

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制