ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > プロデュース(JQ6263)

注目の厳選銘柄

プロデュース(JQ6263)

 いい動きになってきました。急落といえる下げが続いていましたが、漸く底を入れたようです。7/16の295000円が多分底でしょう。株式市場の地合いが良くなりつつあることから、反騰局面入りしたと思われます。
 前6月期決算は来月15日に発表されます。取材したところでは55%増収、66%増益が最低線という感じでした。いまの収益環境を考えたら驚異的な決算と言っていいでしょう。今期もさらに拡大、売上高は30%以上、経常利益は50~100%以上伸びる見通しです。電極塗布装置など既存事業が成長しているうえに、売上高の2割強を占めるまでになった太陽電池関連装置が倍増以上のペースで拡大しているためです。
 今期の予想PERは最低ラインの50%増益で計算しても18倍台。成長性の高さが売り物の会社だけにその倍の35~6程度はあってもおかしくありません。
 ボリンジャーバンドや移動平均線からのカイリ率などテクニカル指標からも売られすぎ状態となっていましたので、反転に転じたここは狙い目でしょう。少なくとも決算発表後は好業績を評価する動きになる公算大とみます。(株価338000円+25000円 見切りライン294000円)

(銘柄フォロー)アクロディア(東マ3823)195800円+21100円

 本日は「窓」を空けて上昇した銘柄も多い中で「窓」を空けずにスタート、出来高を伴い5日線を回復して引けました。191000円の「窓」埋めは完了となっています。週足、月足で下ひげの長い逆三尊に近い大底を形成しています。明日の動き次第ですが、目先の底打ちの可能性が出て来ました。株価はいつ戻りに転じてもおかしくない位置にあります。

(銘柄フォロー)シコー技研 150000円+2200円

 地合い悪化もあり2月に付けた安値(141000円)近辺まで売られたあと戻り歩調。ここへ来て5日線を回復してきました。今月号の「DIME」という情報誌に「日本発の世界企業」いう特集記事が組まれ、その中に同社のことが4ページに亘って特集されています。機会があればお読み下さい。
 6/6の日経産業新聞で紹介した世界最小の光学3倍ズームのオートフォーカスモーターが発売されれば株価の位置は大きく変わる可能性大です。8/8に6月中間決算を発表します。最近の円安傾向は追い風であり、いい決算が期待されます。出来高は多くはありませんが、ここは仕込み場ではないかと思います。


(銘柄フォロー)マネースクウェア・ジャパン(HC8728) 58200円+5000円

 昨日はストップ安まであり上場来安値を更新しましたが、本日はストップ高で引けました。ここまで売り込まれる理由は見当たらず、地合いに影響されただけだと思います。業績的にも問題はありません。配当性向25%、配当利回りは5%を超えています。PER5.4倍台、PBR0.85倍と超割安水準に放置されています。新興市場が底打ちとなれば戻りは速いと見られます。

(銘柄フォロー)博展(HC2173)90000円+7200円

 昨日は上場来安値の80100円まで売り込まれましたが、本日は大幅反発で5日線を回復しました。93000円以上で引けると新値3本足が陽転します。地味ですが業績も良く、今期も増収増益予想で、売り上げ、利益とも2ケタ拡大を見込んでいます。配当性向20%を目標としているため、業績拡大に伴い毎期増配が続いています。今期は2200円配予想。売り物も枯れて来ています。新興市場が底打ちならここからの水準訂正に期待出来ると思います。8/8が第一四半期の決算発表予定です。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制