ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > プライムワークス(東マ3627) 

注目の厳選銘柄

プライムワークス(東マ3627) 

 昨日、前2月期の連結営業利益を従来予想の380百万円→393百万円(前期比24%増)に、経常利益を349百万円→365百万円(同18%増)に上方修正しました。2回目の増額修正です。増額の幅は大した額ではありませんが、大量の人員増強を図っている中での増額だけに好調さが際立ちます。
 昨年10月以降、10万~15万円のボックス相場が続いていますが、最近ではボックスの下限が1万円ほど切り上がっています。初配当を行うと発表するなど実力が徐々に認知されてきたからでしょう。
 注目の決算は4月10日に発表されます。取材した感じでは株主を失望させるような決算にはならないはずです。携帯端末販売は低迷していますが、主力の電子コミックやケータイを自分好みにカスタマイズするカスタムモバイル、ヘルスケア・美容などコンテンツ配信事業は絶好調です。
 成長性の高さが売り物の会社なのにPERはわずか11.8倍台。株価はボックスの上限に近づきつつありますが、今回は好業績を支えに上限突破から一段高に進む展開になるのではないかと予想します。
 急ピッチの上昇ではなく時間をかけて着実に上値を取って来ていること、出来高が膨らんでいることなどがその背景。(株価137100円+6000円 見切りライン124000円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制