ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > プライムワークス(東マ3627) 

注目の厳選銘柄

プライムワークス(東マ3627) 

 下がったところは狙い目だと考えます。世界的な株式市場の動揺から外国人が日本株を買わなくなっていますので、売られすぎた新興株を買おうという動きは今後も変わらないと思います。同社株はそういう観点からも注目される銘柄の一つ。
 8/28に8月中間期売上高を従来予想の1411百万円→1443百万円(前年同期比31%増)に、営業利益を203百万円→253百万円(同20%増)に、経常利益を174百万円→226百万円(同30%増)に増額修正したように業績は好調。通期見通しは変更していませんが、上期と同様、増額が濃厚になってきたように思います。
 5月の上場直後から第2位株主のベンチャーキャピタルが保有株を積極的に売却していたことが明らかになりました。上場前28.3%(持ち株4400株)あった持ち株比率は上場直後の5/27に10.68%になり、その後9.44%(5/28)→7.43%(6/2)→4.34%(6/3)と低下。新興市場が下落基調を速めていた中でこうした売りが重なったため、株価は公開直後から急落、8/19には205000円まで売られてしまいました。下落率は実に72.3%にも達します。
 しかしその後は反転。足元は332000円の高値を付けた後の調整局面ですが、8/19の上場来安値から9/3の高値までの上昇幅の3分の2押しを下回る214000円まで売られてから反転してきただけに、目先の底値は付けたと思われます。業績好調で今期業績は増額含み、需給好転(VCはほとんど売り切ったと思われます)、底入れした可能性が出てきたことなど、株価反転のための条件は揃っています。(株価242800円+14800円 見切りライン213000円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制