ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > フリービット(東マ3843) 

注目の厳選銘柄

フリービット(東マ3843) 

 本日の全面安局面でプラス引け。それも戻り高値更新という最高の終わり方になっています。増額修正を発表したことが好感されていますが、普通の地合いだったらストップ高していたはずです。5分足チャートをご覧になれば分かりますが、売り物をこなしながら14:00以降、急上昇しています。株価の基調は相当強いと見ていいと思います。
 昨日の増額修正で、10月中間期売上高を従来予想の50億円→51億円(前年同期比113%増)に、営業利益を500百万円→650百万円(同4.3倍)に、経常利益を460百万円→600百万円(同20倍)にそれぞれ引き上げています。前4月期も予想を上回る業績になったように、このところ決算発表のたびに増額を繰り返しています。それだけ業績の回復ピッチが速まっているのでしょう。通期見通しには触れていませんが、これまでの流れからいずれ増額されるでしょう。
 中堅・中小のISP(インターネット接続業者)の買収による規模拡大を進めており、今期は前期に買収したDTIもフルに寄与してきます。このほか企業向けIP電話や情報セキュリティーなど新事業も急速に伸びる方向にあり、インターネットのインフラ部分を担う企業として今後大きな飛躍が期待されます。
 予想PERが46.5倍台と高いのはその表れ。因みにミクシィ(2121)は56.2倍、DeNA(2432)は21.7倍、アクロディア(3823)は75.9倍。現在のネット関連人気はメディアが中心になっていますが、インフラ部分を担当する同社にももっとスポットライトが当たるのではないでしょうか。
 本日の戻り高値更新で株価は上を指向していることがはっきりしたように思います。チャートからも底は入れたとみられますので、ここは追撃買いの好機と見ます。(株価522000円+39000円 見切りライン450000円)

(銘柄フォロー)プライムワークス(東マ3627)252900円-7600円

 本日の全面安相場では仕方のない下げでしょう。240500円で寄り付いてから少しずつ戻しており、下値を買おうという投資家は出て来ています。8/19に付けた安値から9/3高値までの上昇幅の半値押し水準(268500円)を下回る238100円まで下げてから切り返しています。大底は付けたと見られますので、本日の238100円で目先の底を付けた可能性があります。下があったとしても3分の2押しの247400円前後でしょう。
 VCの売り一巡、増額修正発表と内容的には申し分ありません。反転の動きとなったら付いていっても大丈夫だと思います。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制