ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > フェローテック(JQ6890) 

注目の厳選銘柄

フェローテック(JQ6890) 

 ストップ高で引けました。引け後に残った買い物は29万6100株。本日の急伸を境に株価は戻りを試す局面に入ったと思われます。12/8の785円が多分底でしょう。
 化石燃料に依存しない低炭素社会を実現するため、経済産業省が住宅向けの太陽光発電補助制度を来年1月13日に開始すると昨日発表。これを受け太陽光発電が一気に普及する見通しとなってきました。補助は1KW当たり7万円で、家庭向けの標準的な機器を約1割安く買えるようにするとのことです。標準的な家庭用の太陽光発電機器の出力は3~3.5KWのため補助額は1世帯当たり21万~25万程度になるそうです。昨日発表された政府の来年度予算案でも導入補助金として約200億円が計上されています。
 この発表を受け太陽光発電関連は軒並み買われる展開となりました。そうした中、出遅れが目立っているのが同社株。業績は好調で今期も経常利益は28%増と過去最高を更新する見通しですが、予想PERはわずか14.0倍台でPBRも1.04倍台に過ぎません。NPC(6255)がPERで33.4倍台、PBRで6.0倍台まで買われていることからみれも明らかに評価不足です。アルバック(6728)は最終利益がゼロ予想のためPERは算出できませんが、経常利益の55%の利益が出るとして計算してもPERは53.4倍になります。
 あすは業界紙などでも取り上げられると思いますが、時価はまだまだ底値圏。問題ないと考えます。同社株が買えないようなら石井表記(6336)を狙ってもいいかもしれません。(株価1030円+100円 見切りライン880円)

(銘柄フォロー)J-TEC(JQ7774) 115600円-5000円

 本日は記録的な閑散相場でした。同社株は寄り付きこそ高かったものの後が続かずマイナス引け。昨日もそうでしたが115000円~120000円のレンジ内の商いでした。上を買いに行くというよりも落ちて来る売り物を拾っているような動きでした。チャートは三角保ち合いの動きとなっています。
 昨日、麻生総理が記者会見で来年度の政府予算案について、話題のIPS細胞、再生細胞などの先端技術の研究にも重点的に予算を配分したいと考えていると発言。また厚生労働省は 「スーパー特区(先端医療開発特区)」の予算が当初の内示を上回る約34億円になったと発表しています。厚労省は世界の再生医療技術の3分の1を日本発にするとの国家戦略をもっていますが、同社は世界で50兆円と言われる同市場への一番乗り企業として今後一段と注目される存在になるのではないでしょうか。
 同社の親会社は社長の父が創業者であるニデック(メディカル分野の先端企業。眼科医療機器は国内トップシェア)。バックアップする大株主はいずれも安定した企業(第2位株主の富山化学工業の親会社は富士フイルムHD)。来年1/1から培養表皮「ジェイス」が保険適用となります 。その次は「軟骨」、「角膜」等が控えています。年内、押し目があれば仕込みのチャンスだと思います。なお軟骨についての参考資料を添付します。  ↓

http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/2008/2008-06/page06.html


(銘柄フォロー)アクロディア(東マ3823)112000円-16600円

 本日は特に悪材料が出た訳ではなく売り崩された格好です。本日発表した貸し株残高(12/15~12/19)は3624株と前週末より423株減っています。年内でどれだけ減って来るか注目です。日足は5日線を割れてしまいました。次の下値メドは109000円の「窓」埋め、一目の「基準線」の107750円ですが、オーバーシュートで10万円近辺まで下げる場面があるかもしれません。ストキャスティクスは16%まで低下しており反発は近いと思います。同業のACCESSも2回目の挑戦で75日線を抜いて上昇しています。アクロディアも次の挑戦で75日線を抜いて来るのではないでしょうか。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制