ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > フィードフォース(M7068)

注目の厳選銘柄

フィードフォース(M7068)

凄い成長企業を発見しました。短期で見てもリファインバースを凌ぐ可能性大と見ています!

凄い銘柄を見つけました。2016年のリファインバースを凌ぐ銘柄になる可能性大です。
コロナウイルスの感染拡大で会社への出勤がままならなくなっているので、テレワーク(≒在宅勤務)関連でいいのがないかと調べているうちに見つけました。
やったー!という感じです。

25日から配信された東洋経済オンラインの業績欄は以下のようになっています。
以下はそれを掲載したものです。

売上高  営業利益 1株利益(単位:百万円、円)
19/5    700     45     8.8
20/5予    1700   450      35.8
21/5予    2700   860      82.2
中19.11      444     77      7.5
中20.11予  1200      380      28.6

【急拡大】子会社化ネット広告5か月分(売上7億円、営業利益2億円弱)上乗せ。大企業向け広告運用順調。SaaSもソーシャルログインなど伸び利益続伸。21年5月期はSaaS拡大。子会社化分が通期寄与。
【M&A】12.5億円投じネット広告のアナグラム社を子会社化。顧客紹介やノウハウ共有を推進へ。当面50.1%出資だが、21年5月期後半にも完全子会社化を目指す。

因みに今2020年5月期の業績予想は売上高9.85億円(前期比40%増)、営業利益2.35億円(同422%増)です。
そして来期は会社四季報では売上高12億円、営業利益3.2億円と予想しています。東洋経済オンラインの業績予想はそれらを大幅に上回るものとなっています。

会社四季報が発売される3/16(月)が楽しみです。そこはあのインパクトHDと一緒です。
1/10に決算を好感してストップ高しましたが、よく調べたら決算よりも子会社化したアナグラム社を評価したコメントになっていました。
あんな素晴らしい会社をよく買収できたものだというのです。
因みにアナグラム社は総資産で9.42億円で、2019年3月期業績は売上高8.36億円、営業利益2.85億円となっています。収益性は抜群です。
一方フィードフォースは総資産12.14億円で19/11売上高7億円、営業利益0.45億円。規模の経済性が発現し通期ベースの収益性は大きく向上しますが、それを遥かに凌ぐ内容。
小が大を呑み込む買収ですが、来期中には完全子会社化を目指す予定です。
資金が足りなかったのかもしれません。そのうちファイナンス発表があると思いますが、そんなのは問題外でしょう。
完全子会社にするとアナグラム社の利益が100%加算されるため、利益はぐっとアップします。

株価は1/10の決算発表前(1/10、11:30発表)の株価まで逆戻りしていました。昨日はそこから一転ストップ高。東洋経済オンラインの内容に気付いた向きが買ってきたからでしょう。
ネットで色々検索したらアナグラム社の連結子会社化を材料視したものがほとんどだったので(投資情報会社のコメントまでそうなっていました)、そんな見方をしていた向きが買い出したのでしょう。
元から最高益更新見通しでしたが、一転、それを大幅に更新の見通しとなったので、ここは狙い目でしょう。
まだ初動中の初動です。
公開時につけた高値、3545円の更新は早い、そう見ています。
信用買い残が19.5万株ありますが、「貸し株」も35.3万株出ています。需給は良好です。
ただストップ高後の推奨であり米国株もぞクラスしているので、心配な方は無理する必要はありません。

(26日株価2574円+500円) 買いゾ~ン3070円(ほぼS高水準)まで 見切りライン1999円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制