ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ファーストロジック(6037)

注目の厳選銘柄

ファーストロジック(6037)

株価は実態以下に売られています。予想以上の決算で、2期ぶりの最高益更新となるここは狙い目!

昨日の日経平均株価は3円安にとどまっていますが、東証1部の値下がり銘柄数は1257銘柄にも上っています。ソフトバンク、ファーストリ、ファナックなど指数への影響度の大きい一部の銘柄が上昇しているためで、実際の相場は指数とは違った動きになっています。
相場は上昇いっぱいとなっており、方向性のつかめない動きになっています。当面は慎重なスタンスが必要です。
本日は違う銘柄を考えていましたが、ファーストロジックが注目される決算を発表したので同社に変更です。過去に何度も紹介、すべて利確してきた銘柄です。

2019年1月中間期は売上高8.49億円(前年同期比9%減)、経常利益4.55億円(同118%増)と大幅増益を達成しています。
通期業績予想は発表していませんが、日経新聞の記者は売上高20億円(同9%増)、経常利益10億円(同59%増)と6割近い大幅増益を予想しています。
その通りなら今期は2017年7月期に記録した最高益(8.40億円)を2期ぶりに更新することになります。

同社は業績見通しについては通期は勿論、中間期も発表していません。
そのため株価は実態以下に評価されていたはずです。
会社四季報の通期経常予想が6.50億円ですから、株価は日経の予想を評価した動きになる公算大です。

株価は底値圏の動きになっており全体相場からは取り残されています。
その意味でここは狙い目でしょう。
信用倍率は10.34倍と大幅な買い長で買い残が27.4万株ありますが、「貸し株」も19万株超出ており、需給に問題はありません。

(14日株価646円+8円) 買いゾ~ン720円まで 見切りライン599円

 

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制