ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ファミリーマート(8028)

注目の厳選銘柄

ファミリーマート(8028)

 年初から調整場面が続いていますが昨年10月安値の3150円に接近してから反発に転じています。ダブルボトム形成となり、当面の底を付けた可能性が強まってきました。
 タスポ導入による来店者数の増加と景気後退による外食控えで弁当等の売れ行きが伸び、業績は好調。今2月期経常は前期比16%増、最終利益も同14%を見込んでいます。9日発表した第3四半期時点での進捗率が経常利益で84%、最終益で90%と高く、業績の上ブレ期待も高まっています。アナリストの評価も高く、岡三証券では「やや強気」の投資判断を継続、三菱UFJ証券では目標株価を4500円から4000円に引き下げたものの、やや強気の「2」を継続しています。目先の底を打ったと思われるなか、為替やNY市場の影響を受け難い生活防衛関連株として再度買われる可能性は充分。本日5日線を回復。3520円を超えると新値3本足も陽転しますので、下値不安の乏しいここは仕込みの好機でしょう。(株価3470円+70円 見切りライン3200円)

(銘柄フォロー)セガサミーホールディングス(6460) 1032円+28円

 本日もしっかりの動き。昨日の陽線を包んで引けました。日足チャートはミニゴールデンクロス形成が視野に入って来ました。信用倍率は0.62倍と売り長で需給も良好。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制