ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ファイバーゲート(9450)

注目の厳選銘柄

ファイバーゲート(9450)

コロナを跳ね返す業績内容となっています。中途半端な株価水準ですが、ここは狙い目!

書いていた分面が飛んでしまったので、本日は簡潔に書きます。
ファイバーゲートにするファインデックス(3649)にするか迷っていたのですが、株価が低いファインデックスに決めて書いていたら、ストップ高気配となったのが分かり、慌ててファイバーゲートに切り替えて文面を書いていたら、今度はパソコンがフリーズ状態となり、文面が飛んでしまいました。
そのためです。

株価は中途半端なところにありますが、新値更新の可能性大ではないかと見ています。
今6月期の第3四半期は売上高54.75億円(前年同期比35%増)、経常利益10.86億円(同32%増)と予想を上回るものでした。
これを受け通期売上高を69.10億円→73.90億円(同35%増)に、通期経常を10.60億円→12.10億円)に増額修正、最高益更新に弾みがつくと発表しています。
修正の理由について会社資料には…

2020年6月期第3四半期連結累計期間において、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりフリーWi-Fi事業の新規契約獲得ペースが減速したものの、レジデンスWi-Fi事業における契約獲得およびフロー収益を伴う新規契約戸数が想定以上に好調に推移しております。このような業績進捗を受け、2020年6月期通期の連結業績につきましては、売上高、各利益共に前回発表の予想を上回る見通しとなりましたので、上記のとおり通期業績予想を上方修正いたします。
と出ています。

つまりコロナの影響はあまり受けないということです。
その面でここは狙い目ではないかと思います。
信用倍率は0.66倍と売り長で「貸し株」が45万株超出ています。昨日の出来高は18.01万株ですから需給面からも狙い目大です。
なお制限値幅は300円です。

このほか買い推奨を考えたのはイーギャランティ(8771)、みずほリース(8425)、ファインデックス(3649)です。
いずれもPTSは高くなっています。
ファインデックスは出色過ぎの決算ですが、次の文面が決め手になりました。
2/13の決算を受けて急落した経緯があります。
2020年12月期第2四半期(累計)期間及び通期の連結業績予想につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響は2020年2月13日の通期決算短信発表時に既に織り込み済みであり、変更はありません。
当該感染症の収束までの長短や、医療機関の新規システム受入れ体制の回復状況等により、業績の変動が見込まれる場合には、速やかに開示いたします。

(14日株価1302円-47円) 買いゾ~ン1550円まで 見切りライン1169円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制