ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ピックルスコーポレーション(2925)

注目の厳選銘柄

ピックルスコーポレーション(2925)

業績は好調で今期も最高益更新予想。W底形成から戻りを試す動きとなりそうです!

会社四季報が発売され各社の業績見通しが分かるまでは防衛的な銘柄しか紹介できません。きょうはそんな銘柄です。
決算を好感して2298円まで上昇したあと調整し、「行って来い」以下の水準まで下げています。
令和に入っての相場下落が響いていますが、下落はいつまでも続きません。日経平均も同社株も下げ渋る動きに変わっており、いつ反転してもおかしくない水準にあります。
テクニカル的には下げすぎ状態となっていますので、チャート上はダブル底形成から戻りを試す動きとなりそうです。

2019年2月期は売上高406億円(前期比8%増)、経常利益15.61億円(同26%増)と予想を上回って着地、最高益を更新しました。
今期は売上高425億円(同4%増)、経常利益17.39億円(同11%増)と一段の拡大を見込んでいます。

浅漬けなど漬物の生産を行っています。地味な業態ですが、この分野では国内トップ。
PBRは1.02倍と解散価値すれすれで、この面からみても割安です。
信用買い残は4.2万株とやや過大ですが、「貸し株」が7.5万株出ており、需給は良好。
これ以上下げないとなれば、売り方は買い戻さざるを得なくなります。
大きくとれるとは見ていませんが、それなりの鞘は取れるとみています。

攻めの銘柄ではありませんので、本日は納得できる方だけ買ってください。

(6日株価1901円-3円) 買いゾ~ン1990円まで 見切りライン1839円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制