ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ビーロット(M3452)

注目の厳選銘柄

ビーロット(M3452)

民泊関連の代表企業。業績は好調で今期も最高益更新見通し。第1Qの決算が響き売られましたが、下げ止まったここは狙い目!

相場には方向感がなく手掛かり材料もありません。
当面は無理して売買する必要はありません。そのうち格好の買い場が来るはずです。
きょうは「民泊」関連として2月に紹介、4/26に利確した銘柄です。

利確を指示したのは「流れが変わった可能性が出てきたから」としましたが、その通りの動きになったわけです。
業績は絶好ともいえる状況で最高益更新が続いています。
詳細は2月18日号をご覧ください。

利確を指示した後、一段安したのは、2016年1~3月期が売上高6.83億円(前年同期比76%減)、経常利益1.32億円(同61%減)と大幅な減収減益となったのが原因。
同社のような不動産会社は毎日売り上げがあるわけではないので、物件の計上時期によって業績は大きく変動します。
それが原因だと見ています。
通期では売上高112.63億円(同62.1%増)、経常利益7.35億円(同13.2%増)との従来予想は変えておらず、最高益更新基調も変わっていません。

民泊に最も力を入れている会社の一つで、日本で最初にオフィスビルをホテルに改装して販売したのが同社(ファーストキャビン築地がそれ。検索して画像をクリックしたらホテル画像がみれます)。
その後、ホステル事業(カプセルホテルとホテルの中間に位置する宿泊施設)などに取り組んでいます。
ネット動画などを見たら安いホステルを利用する人が増えているように思いました。

すでに下げ止まる動きに変わっていますので、大幅減益という悪材料は織り込んでいます。
第2Q以降の業績が順調なら再度上値追いの動きになるとみています。
PERは10倍台でPBRは2.07倍です。
指標面からも注目されます。
「貸し株」も4万株超出ています。昨日の出来高が0.86万株ですから少ない画数ではありません。

(24日株価1301-25円) 買いゾ~ン1399円まで 見切りライン1219円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制