ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ビープラッツ(M4381)

注目の厳選銘柄

ビープラッツ(M4381)

上昇来安値圏まで下げており、テクニカル的には下げすぎ状態となっています。そんな中、業績はV字回復。今期は2期ぶりに最高益を更新の見通しです!

きょうはサブスクリップションのビープラッツです。
サブスクリップション(継続課金)は安定収益として注目されるビジネスモデルで、今後、マーケットで話題になるはずです。
昨日は同社を紹介する予定でしたが、ジャステックが予想以上の決算を発表したので、変えた経緯があります。
株価急伸を見て、しまった!と思いましたが、ジャステックも素晴らしい会社です。

業績不振を反映し株価は大きく下落していましたが、6月に入って下げ止まる動きに変わっています。
テクニカル的にみたら「超」売られ過ぎ状態となっていました。
2月の上場来高値からの下落率は57%超。半値以下となり上場来安値圏まで下げていたので、6/4の3045円で底は付けたとみられます。

株価下落の主因となった2019年3月期業績は売上高6.35億円(前期比13%増)、経常利益4百万円(同90%減)と大幅減益となりましたが、今期は売上高8.55億円(同34%増)、経常利益0.83億円(同20倍)とV字回復予想。
経常利益は2018年3月期に記録した最高益(0.51億円)を2期ぶりに更新の見通しです。
継続課金向けのプラットフォーム「BPlats」収入が積み上がり、スケールメリットが発現してきたからです。

PERは134倍、PBRは15倍と凄い水準にありますが、これは成長期待の表れです。
今、世界的に買われているのはこんな銘柄(代表例:米GAFAなど)です。
投資指標面からはとても買えませんが、ここは同社のポテンシャルとチャート、そしてテクニカル指標を信じたいと思います。
信用買い残は22.8万株とやや過大ですが、「貸し株」も24.1万株出ています。需給に問題はありません。
本日は昨日急伸した反動が出る可能性もありますが、ここは狙い目と見ます。

(1日株価3485円+245円) 買いゾ~ン3600円まで   見切りライン3044円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制