ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

ビジョン(9416)

業績は好調で今期も最高益予想。なのに投資心理の委縮から超売られすぎ状態となっています!

投資心理が極端に委縮しているので、きょうは「銘柄無し」にして様子を見た方がいいのではと思っていたのですが、連休明けの米国株が下落せずまずまずの動きになったので紹介することにしました。安心感が出ると思ったからです。
銘柄はビジョン。

この3日間、ドスン、ドスンと下げています。ただ「窓」を開けて下がった後は下げ渋ろうとする動きもみせています。
この急落は新型肺炎の感染拡大が止まらず、恐怖感から投資心理が委縮(悪化ではないことに注意)しているためです。
業績が悪いわけではないので下げすぎとの見方から買いも入ってきますが、安心して買える手がかりもなく、売りが吸収できない。陰線ながら下ヒゲを引いているのはこうした動きを映したものではないかと思います。
テクニカル的には「超」売られすぎ状態となっています。何かがきっかけとなり反転の動きとなったら、テクニカル指標も買いシグナルを発する、今はこんな状態ではないかと見ています。

昨日の米国株はアップルショックまで加わったのにNYダウは165ドル(0.56%)安、ナスダック指数は1.57㌽(0.02%)高、SP500指数は9.87㌽(0.29%)安でした。大幅安かと思ったのに軽微な下げにとどまっています。
高く引けたら最高だったのですが、欲は言えません。これで買い安心感が少し出てくるのではないかと思います。

業績は好調。
2019年12月期は売上高273億円(前期比27%増)、経常利益33.58億円(同34%増)と予想を上回って着地、最高益を更新しました。
今期は売上高313億円(同14%増)、経常利益40.05億円(同19%増)と一段の拡大を見込んでいます。
これを受けた2/13は大幅安したものの、ほとんど変わらずの水準まで戻していました。今期経常が四季報予想(44億円)を下回ったので失望した向きが売ったからだと思いますが、その後は上述したような動きとなっています。

いまは地合い悪化から売られているわけではありません。新型肺炎問題にメドが付けば動きは一変します。その意味で、ここは狙い目でしょう。
信用買い残が101万株ありますが、「貸し株」も85万株超出ています。需給に問題はありません。

(18日株価1157円-65円 ) 買いゾ~ン1290円まで 見切りライン1099円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制