ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ハウテレビジョン(M7064)

注目の厳選銘柄

ハウテレビジョン(M7064)

すでに底を入れ反転の動きに変わろうとしています。下値リスクは乏しく、ここは狙い目!

きょうは下値不安の乏しいハウテレビジョン。
今年4月のIPO銘柄です。4980円まで上昇した後、大きく下落しましたが、8月中旬以降、底練りの動きに変わっています。
チャートからは8/15の2205円で底入れした可能性大です。高値からの下落率は55%強。
MACDが大幅マイナスからプラス圏に転じようとしていますので、トレンドは変わろうとしているように見えます。
パラボリック指数も初めて買いシグナルが点灯しました。同指数は相場の動きをいち早く知らせる指数として知られています。その分、だましの多いのが欠点ですが、買いシグナル点灯は流れが変わったこと可能性を示唆しています。

8月中旬以降、動きが変わってきたのは増額修正が原因。
7月中間期売上高を4.24億円→4.51億円(前期は実績がなく比較不能)に、経常利益を0.37億円→0.72億円(同)に引き上げていました。
ただ中間期を大幅に増額したのに、通期業績は売上高8.24億円(前期比25%増)、経常利益0.92億円(同32%増)と従来予想を変えていません。
進捗率からも増額必至となっていますが、会社四季報は「会社比強気」とし、売上高を8.50億円(同29%増)に、経常利益を1.10億円(同59%増)に引き上げ、最高益更新に弾みが付くと予想しています。

地合いが悪く伸び切れませんが、そのうち好実態が評価されるはずです。
後はきっかけだけだとみています。
信用買い残が13.9万株ありますが、「貸し株」も9.2万株出ています。需給に問題はありません。

(7日株価2582円-8円) 買いゾ~ン円2750まで 見切りライン2409円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制