ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ハイアス&カンパニー(M6192)

注目の厳選銘柄

ハイアス&カンパニー(M6192)

業績は好調で今期も最高益更新予想。東証1部昇格も迫る。下げ止まったここは狙い目!

きょうは11/27に紹介し今月12日に利確したハイアス&カンパニーです。
利確した後の決算を受けてストップ安を交え急落しましたが、すでに下げ渋る動きに変わっています。
急落したのは増額修正がなかったのが主因だとみています。

2017年10月中間期は売上高22.16億円(前年同期比14%増)、経常利益1.43億円(同21%増)と予想をやや上回って着地しました。
通期業績は売上高49億円(同25%増)、経常利益3.50億円(同15%増)と従来予想を据え置いていますが、前期に続いの最高益更新見通しは変わりません。

11/27、同社を推奨した時、こうコメントしています。
「10月中間期決算は来月14日前後に発表されますが、9/14発表した第1四半期決算は売上高11.12億円(前年同期比28%増)、経常利益1.02億円(前年同期は▲400万円)と予想を大きく上回るものでした。中間期で計画している経常(1.4億円)の72%超をすでに稼ぎ出しています。 通期業績は売上高49億円(同25%増)、経常利益3.50億円(同15%増)を見込んでいますが、第1Qが予想を大きく上回ったことから上振れる可能性大でしょう」と。

好決算を期待して上伸していましたので、失望売りが出たのでしょう。また第2Qの経常利益が意外と伸びなかったことも大きく下げた一因とみられます。が、業績は四半期ごとに伸びていくものではありません。もとからそういう予算だったのかもしれません。

同社株は10/11の株式売り出し(15万株)発表を受けて急伸したことがあります。会社資料には「東証1部への市場変更を申請しています。市場変更における形式要件(株主数)の充足を図るために行う」と出ていました。だからでしょう。株式売り出しは1人につき100株と出ていました。
今期から年8円配を実施する計画で中間期で既に4.00円配を行っています。株主数が確定したため、近く東証1部への昇格があるはずです。
前回も1部昇格期待を込めて紹介しました。
下値リスクは少ないとみられるので、ここは狙い目でしょう。
信用買い残が48万株ありますが、「貸し株」が35万株超出ており需給に問題はありません。

(26日株価1250円+34円) 買いゾ~ン1300円まで 見切りライン1149円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制