ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ハイアス・アンド・カンパニー(M6192)

注目の厳選銘柄

ハイアス・アンド・カンパニー(M6192)

業績は好調で今期も一段と拡大の予想。東証1部への上場も申請中。下げ止まったここは狙い目!

本日はもう1つあります。本日を逃すと推奨のチャンスを逃すので、どうしても紹介しなければならないと思ったからです。それはこれから書きます。まず第1弾。

前回(5/23推奨)は見切りライン割れとなりましたが、下げ止まったここは狙い目とみます。
6/13の決算を好感してストップ高となった後、地合い悪化もあって大きく下落しました。
直近高値(6/19)からの下落率は34%超、テクニカル的には売られすぎ状態となっています。
年初来安値まであと3円というところまで下がってから下げ止まっていますので、7/5の416円で底は付けたとみられます。

2018年4月期は売上高46.59億円(前期比17%増)、経常利益3.55億円(同17%増)と2ケタ増収益を達成、最高益を更新しました。
今期は売上高63億円(同35%増)、経常利益4.74億円(同33%増)と一段と拡大、売り上げ、利益とも前期以上の伸びを見込んでいます。
これが好感されましたが、地合いが酷く、売りが吸収できずに下げる形になっていました。出来高が減って下げたのですから投資心理が委縮した影響を受けただけです。
地合いが好転すれば動きは一気に変わって来ます。

申請中の東証1部への昇格はまだ認められていません。
株式売り出しを行うなど上場条件はクリアしているとみられるので、そのうち発表があるでしょう。
信用買い残は125.6万株と過大ですが、「貸し株」が168.1万株出ており需給は良好です。

(22日株価448円-4円) 買いゾ~ン500円まで 見切りライン415円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制