ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ネットプライス(東マ3328)

注目の厳選銘柄

ネットプライス(東マ3328)

 サイバーエージェント(東マ4751)の子会社でネット通販のギャザリング(購入者が増えるほど販売価格が下がる方式)を展開。モバイルにも強い。昨年、ヤフーとイーベイとの提携による仲介業務の受託報道で人気化したあと2/26には279000円まで買われました。
 その後は調整が続き、3/14には上げ幅の半値押しの137000円まで売られました。ボリンジャーバンドのマイナス2σにタッチして下値を切り上げてきた動きや、本日ストップ高して新値3本足が陽転してきたことなどから、株価が目先の底を付けた可能性は大です。
 2/6にはJPモルガンが5.23%( 5913 株)同社株を買ったことも判明。同社はその後も株を保有したままです。どこかに貸し株をしていたとすればそろそろ買い戻すタイミング。外部環境の影響を受けないネット関連株で、業績も急速に回復しています。今9月期は黒転予想。下値リスクは乏しく、ここは狙い目だと考えます。
(株価162000円+20000円 見切りライン145000円)


(銘柄フォロー)アクロディア(東マ3823)533000円+13000円

 昨日、信用買い残が52株減少しました。先週一週間では1024株も減少しています。本日の日証金ベースの買い残はわずか279株です。昨年の70万円オーバーの上昇相場のときは買い残が急増している中の上昇でしたが、今回は全くの逆のパターンとなっています。個人の売りを機関投資家など大口が拾っている格好です。  本日は昨日の高値538000円をあっさりと超え、2月にHSBC証券が打ち出した目標株価(549000円)を上回る550000円の高値を付けました。その後、5日線まで押す注視していましたが、昨日の寄り付き値も割り込みませんでした。非常に強い動きで、まだ拾っているにも見えました。
 昨年も4月の第1週に高値の742000円をつけました。24日にはサムソンとの独占契約も切れます。信用の買い残が少ないので規制が掛かる心配もありませんし、ここから上はフシもありません。多少の上げ下げはあるでしょうが、基調は強く、まだ相場は終わっていません。本日、NTTドコモに確認しましたが、大量保有報告は3/21に出すそうです。今回はドコモ単体で9.26%、ドコモドットコムと合わせると13.56%になり、ACCESS(東マ3823)よりも多い出資比率になります。今回はアクロディアの技術力を評価しての政策投資とのことです。

(銘柄フォロー)ドワンゴ(3715)291000円+12000円

 昨日、そろそろ動きが、と書きました。295000円を超えると新値3本足が陽転します。75日線もその辺りにありますので、抜けて来ると戻りに拍車が掛かりそうです。


(銘柄フォロー)ぐるなび(HC2440)282000円+22000円

 サポートラインの75日線にタッチして切り返して来ました。厨房機器や店舗用不動産など外食産業の周辺業務を網羅したネットワークを通じたB to B事業が戦力化しつつあり、成長期待が再び高まっています。25日線を越えて引けると動きに変化が出て来そうですとコメントしましたが、一目均衡表のの転換線や基準線 も同時に越えて来ました。目先の底を入れた可能性があります。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制