ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ネオジャパン(3921)

注目の厳選銘柄

ネオジャパン(3921)

 好決算ながら売られましたが、漸く底を入れたようです。売り込まれたここは狙い目!

物色の方向性はまだ定まりません。再来週から決算発表が本格化しますので、それまでは無理な売買は控えてください。今回は年間で最も重要な決算で、来期見通しが発表されます。有望銘柄もそれなりに出てくるはずです。
そんな状況ですから、本日は下値リスクの乏しい銘柄を取り上げました。

好決算ながら大きく売り込まれていました。3月上旬まではそうした銘柄が目立ちましたが、漸く底を入れたように思います。
12月の直近高値からの下落率は45.8%。テクニカル的には売られすぎ状態となっていました。
信頼性の高いMACDは1月に底入れしており、相場の流れをいち早く示すパラボリック指数は陽転(=買いシグナル点灯)6日目となっています。

グループウェア(インターネットに接続して使用する情報共有ツール)をクラウド型で提供する時流に乗った企業で、急ピッチの成長が続いています。
2021年1月期は売上高53.25億円(前年同期比42%増)、経常利益9.48億円(同32%増)と大幅な増収益を達成、最高益を更新しました。
今期は売上高57.17億円(同7%増)、経常利益9.80億円(同3%増)と一段の拡大を見込んでいます。
この決算は3/11発表しましたが、これを受けた12日は売り先行の始まりでした。しかし当日は陽線のいい終わり方になっていました。その後、徐々に戻し、発表前の株価を超えてきました。
経済活動がより正常化するのに、こんな低い伸びはおかしいだろうとの判断からでしょう。

会社四季報のコメントも「収益柱のクラウドサービスが2割増の拡大継続。人件費増や海外事業の本格展開に伴う先行投資を吸収。営業益続伸。連続増配か」と力強い内容となっています。
増額修正含みの予想となっています。
本日は2日続伸の反動が出る可能性がありますが、ここは狙い目でしょう。
上には大量のシコリがあるため 一気の戻りは困難だと思いますが、それなりの戻りは見せるとみています。
信用倍率は3.94倍と買い長で買い残が33万株ありますが、「貸し株」も54万株超出ています。需給は良好です。

(9日株価1831円+108円) 買いゾ~ン1900円まで 見切りライン1599円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制