ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ナレッジスイート(M3999)

注目の厳選銘柄

ナレッジスイート(M3999)

進捗率の低さが気がかりでしたが、ストック型ビジネスなので問題なしとのことです。業績は好調で最高益更新予想。下値リスクは乏しくここは狙い目!

外国人が12週ぶりに日本株を買い越してきたり空売り比率が昨日急低下するなど、株式の需給は良くなりつつあります。
株価が20日移動平均線を上回り20日線が上向きに転じていますので、相場は先行き良くなりそうです。
本日は昨年12月のIPO銘柄。
ラジオ日経の引け後の株式番組、「この企業に注目」を先々週聴いていていい会社だと思いました。

中堅、中小企業に特化したクラウドサービスを展開しており、成長性の高さがウリの会社です。
今9月期は売上高8.85億円(前期比12%増)、経常利益1.71億円(同14%増)と2ケタ増収益を見込んでおり、最高益を更新の見通しです。
が、2/13発表した第1四半期(10~12月)決算は売上高2.01億円、経常利益0.33億円でした(データがなく増減率は無し)。収益性は良好ですが、通期計画に対する進捗率は19.3%しかなくウ~ンという内容でした。
これには理由がありました。

同社の収入はストック型になっています。携帯電話などと同様で解約がない限り毎月入ってきます。既に第4四半期まで×4倍の売り上げは確定されているとのことでした。社長は当社としては順調な滑り出しと話していました。
第2四半期で獲得した売り上げは第1四半期の分と合算され第3四半期の売り上げに加算され、第4四半期もそうした動きが続きます。因みに2017年9月期はストック分の売上高比率が63%、新規に獲得した分が37%となっています。

中堅・中小企業でクラウドサービスを利用する可能性のある会社は100万社以上あるそうです。
同社のクラウドサービスを利用している企業はまだ5000社にも行っていないとのことです。毎月300~500社から問い合わせがくるので、伸びしろは大きいと語っていました。

社長の話で進捗率の低さは問題ではなくなりました。
株価は底練りの動きになっていますが、2/6の1625円で底は入れていますので、後はきっかけだけだとみています。
信用買い残は39.2万株と過大ですが、「貸し株」が17.2万株出ており需給はそう悪くありません。
下値リスクは乏しいとみられるので、ここは狙い目でしょう。

(5日株価1835円+34円) 買いゾ~ン1935円まで 見切りライン1624円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制