ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > トレジャーファクトリー(東マ3093)

注目の厳選銘柄

トレジャーファクトリー(東マ3093)

 昨年12月のIPO銘柄。首都圏で総合リサイクルショップ「トレジャーファクトリー」と服飾専門リサイクルショップ「トレジャーファクトリースタイル」を展開しています。4/11の好決算発表後161000円の高値をつけた後、売りに押されていましたがその後も株価は堅調に推移。5/1には175000円の戻り高値を取って来ました。急速に進む温暖化への懸念などから「エコ」をキーワードとして、消費者の環境意識は、今後も高まっていくことが予想され、同社が属する中古品小売業界の市場規模は今後拡大が予想されます。業績も好調で、今期は、売上高39億5700万円(前期比17%増)、経常利益2億6300万円(同21%増)を見込んでいます。1800円の初配当も決まっています。チャートは日足で一目の「雲」の中に突入しました。綺麗な右肩上がり利の上昇トレンドを描いています。月足で見ればまだまだ初動段階です。新興市場の決算を通過した好業績銘柄として、「雲」抜けから再び上昇トレンドに入公算大と見ています。
(株価167000円+3000円 見切りライン150000円)


(銘柄フォロー)アクロデイア(東マ3823) 411000円-2000円

本日はミクシィ(東マ2121)ショックも手伝い、金曜日にIRが発表された割には株価には反映されませんでした。しかし、先週末の買い残440株減少と、本日の出来高減少で売りはほぼ出尽くしたのではないでしょうか。引け後に又IRが出ました。今度は先週のカーナビに続き、今度はデジタル家電です。堤社長は言った事、文章にした事は必ず実現しています。売り上げ、利益に対してもうそはつかないと思います。5/15が楽しみです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制