ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > デジタルハーツ(東マ3620)

注目の厳選銘柄

デジタルハーツ(東マ3620)

9月中間期業績を上方修正したように業績は絶好調。ゲームソフトの不具合(バグ)を検査する主力事業が急拡大しているため、大阪事業所の施設を拡張したうえで年末までに検査スタッフを現在の300人から400~500人に増員すると発表しています。関西が拠点の任天堂やカプコンからの受注が拡大しているのに対応、年末商戦に向けて受け入れ態勢を拡充する必要があると判断したとのことです。
 第1四半期は売上高689百万円、経常103百万円と予想を上回る内容。前年同期の数値がないため比較は出来ませんが、今期は通期でも31%増収、47%増益と最高益更新が続く見通し。
 9月末で1:3の株式分割を予定しています。分割発表を好感して404000円まで買われましたが、調整を経て再び切り返す動きに変わっています。本日は上値抵抗線の75日線を越えて引けました。前回の高値404000円を更新して一目の「雲」の中に突入しています。ここは買いに分があると見られます。(株価400000円+21000円 見切りライン360000円)


(銘柄フォロー)アクロディア(東マ3823) 220000円-16000円

 昨日、「25万円を越えるのか注目です。超えれば上でしょうし越えなければ一旦下の窓埋めに行く可能性もあります」とコメントしましたが、やはり一度下の「窓」を埋めに行く可能性が出て来ました。210500円と187000円の2つの「窓」ですが、一目均衡表の転換線が206450円ですから、ここが次のサポートラインとなりそうです。


(銘柄フォロー)イナリサーチ(JQ2176) 147000円+1200円

 新興市場が弱い中では強い動きをしていたと思います。連日の戻り高値更新。本日プラスで引けた銘柄は今後も期待出来ると思います。後場に139000円まで下げましたが、すぐに切り返しています。「窓」を空けずに5日線に沿って上昇しています。業績は好調で、今期は1600円の配当も予定しています。週足や月足も良好。ここから上は20万円までほとんどフシがありません。公募価格の180000円を目指す動きになる可能性大と見ています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制