ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > デジタルハーツ(東マ3620)

注目の厳選銘柄

デジタルハーツ(東マ3620)

 本日リアルタイム情報で紹介しました。「少ない出来高で少しずつ戻しています。売り物が枯れて来た証拠です。ベンチャーキャピタルからの出資もなく、浮動株の少ない株です。公募価格の185000円を一度も割らずに切り返して来ました。5日線と25日線のゴールデンクロスも接近。302000円を超えると新値3本足が陽転します。週足は先週で底を打っており、このまま引ければ今週は大きな陽線引けとなり、上昇トレンドに入りそうです。上に「窓」が空いており30万円台回復となるかここからの動きに注目です」と。
 その後の動きは予測通りの展開。25日線や一目の「基準線」を大きく上回る30万円台で引けて、新値3本足も陽転。
 同社は家庭用ゲームや携帯電話のソフトウェアなどの不具合=バグを検出・報告するサービスを行っています。3/11に業界初のバグリポートの日英翻訳サービスを開始すると発表したように、国内だけでなく世界を視野においた事業展開を行っています。
 同社は今年上場した第1号銘柄。今後のIPOスケジュールがほぼ白紙状態となったため、直近上場銘柄として物色される可能性も出てきました。東京国際アニメフェアの開催を背景にゲーム関連銘柄が活気づいていることも株価には追い風となろう。
 週足や月足、出来高を見ると底打ちしたことが濃厚となっています。上には435000円の「窓」が空いていますが、まずは半値戻しの36万円近辺を狙ってみたい。(株価313000円+32000円 見切りライン282000円)

(銘柄フォロー)アクロディア(東マ3823)520000円
-17000円


 本日は520000円を挟んでのもみ合いでした。週末、月末接近と言うこともあって買い物薄の中で値を消した感じです。しかし安いところは喜んで仕込んでいる向きがあるようです。
 本日、株式新聞に携帯電話にパソコン用のOSが搭載されるようになって来たと載っていました。昨年このソフト「LiMo」の標準化団体が設立され、ドコモ、ソフトバンク、NEC、ACCESSに続きアクロディアも参加しました。今後、グーグルやアップルなどが携帯電話ビジネスに参入して来ますので、次世代型電話のソフト開発競争は一段と加速しそうです。株価の上昇トレンドは崩れていません。あとは何処で反発して来るかだけです。


(銘柄フォロー)シコー技研(東マ6667) 207000円+9000円

☆先月の出来高が4796株。今月の出来高が現在6719株。出来高は順調に増えています。これだけ商いが出来て先月の高値(205000円)近辺で揉んでいるのは底堅い証拠です。下値で出来高が増えているのは仕込んでる形跡があるからでしょう。株価は更に底を打っており水準訂正はこれからです。4月相場に期待しましょう。


(銘柄フォロー)セプテーニHD(JQ4293) 179000円+8000円

 子会社のアクセルマーク(東マ3624)が上場来高値を更新する強い動きになっています。同社株もそろそろ動いてよいタイミングです。株価は本日、25日線を回復、新値3本足も陽転しました。週足も陽線引けです。   189000円の「窓」埋めも含めて20万円までの戻りはありそうです。

 (銘柄フォロー)ウェザーニューズ(4825) 1015円+80円)

 民間気象情報サービスで世界最大手。今月初めの1216円を高値に売られてきましたが、昨日の886円を安値に反転局面入りしたようです。今朝の日経産業新聞で「ウェザーニューズ、船舶に「省エネ速度」助言―燃費4~5%改善」と報じられたことも手がかり材料となっています。地球温暖化防止への効果は絶大で、地球環境保護に大きく貢献することになるそうです。
 引け後、第3四半期の決算が発表されました(黒字転換です)。信用倍率は約0.39倍と大幅な売り長で逆日歩が45銭発生。再び踏み上げ相場に発展する可能性が出て来ました。

http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr1/home/oracle/180/2008/131c091/131c0910.pdf

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制