ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

テモナ(3985)

増額修正で今期は3期ぶりの最高益見更新通しなのに、株価は売られすぎ状態となっています。下げ止まったここは狙い目!

有望銘柄が多く絞るのが本当に大変でした。早く通常の推奨に戻りたいと思っていますが、決算発表は本日でほぼ一巡します。
相当迷ったうえ、決めたのはテモナです。

昨年10月の直近高値から46%超下落し、底を入れたとみられるからです。テクニカル的には超売られ過ぎ状態となっていました。
MACDは1月に底入れしており、相場の流れをいち早く示すパラボリック指数は15日、陽転(買いシグナル点灯)1日目となっています。

業績は絶好ともいえる状況。
2020年10~12月期は売上高5.92億円(前年同期比24%増)、経常利益0.98億円(同348%増)と予想を上回る内容となりました。
これを受け、中間期売上高を13.461億円→12.81億円(同31%増)に、中間期経常を1.22億円→1.94億円(同347%増)に修正し、通期売上高を29.10億円→28.14億円(同22%増)に、通期経常を3.49億円→4.07億円(同147%増)に増額修正、最高益更新に弾みが付くと発表しました。
2018年3月期に記録した最高益(3.23億円)を3期ぶりに大きく更新の見通しなのに、昨年高値から46%超も下落しているここは狙い目でしょう。

信用買い残が36.9万株ありますが、「貸し株」も8万株超出ています。出来高を考えたら需給に問題はありません。
なおPTSは1005円+16円、出来高13400株となっています。
(制限値幅は150円)

(12日株価969円-18円)  買いゾ~ン1100円まで 見切りライン911円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制