ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > テクノスジャパン(3666)

注目の厳選銘柄

テクノスジャパン(3666)

今期はV字回復し最高益に迫る見通しです。過去に比較し時価は安すぎます!

同社にするかアイサンテクノロジー(4667)にするか迷いましたが、決めたのは同社。
大幅減額修正で2020年3月期が大幅減益見通しとなったことを受け、2月下旬から急落していました。1カ月半で半値以下になっていいました。
それが2020年3月期売上高を73.5億円→76.75億円に、経常利益を1.12億円→3.05億円に増額修正したことを受け、急伸。
足元は高値もみ合いとなっています。

そうした中、本決算を発表しました、
2020年3月期は売上高76.77億円(前期比10%増)、経常利益3.07億円(同63%減)と事前に修正した通りの内容でした。
しかし今期は売上高79億円(同2%増)、経常利益8.20億円(同166%増)と一転、大幅増益を見込んでいます。過去最高益は2019年3月期の8.48億円ですから、それに迫る見通しで、。順調なら更新の可能性もあります。

徹底的に売られた後だけにここは狙い目でしょう。
2017~18年は1000円台で推移しており、2016年には1750円の高値を付けたこともあります。
その意味で時価は安すぎるのではと思います。
信用買い残が25.5万株ありますが、「貸し株」も18.6万株出ています。需給に問題はありません。

(15日株価498円+11円) 買いゾ~ン543円まで 見切りライン469円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制