ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > チャームケア・コーポレーション(東証プライム市場6062)

注目の厳選銘柄

チャームケア・コーポレーション(東証プライム市場6062)

最高益更新見通しなのに大きく売られています。売られ過ぎ状態のここは狙い目!

本日はチャームケア・コーポレーションです。会社四季報の純利益の過去最高更新ランキングの第2位にランクされていました。
PERはわずか8.57倍です。

今6月期の第3四半期決算(5/9発表)を受け、何故か急落していました。
第3四半期までの累計決算は売上高216億円(前年同期比は170億円)、経常利益19.55億円(同17.82億円)でした。
「収益認識に関する会計基準」を採用するため増減率は出ませんが、単純に計算して売上高は27%増、経常利益は9.7%増となります。
第3四半期を取り出しても売上高91億円、経常利益10.75億円と悪くありません。
因みに中間期決算は売上高125億円、経常利益8.80億円でした。

通期業績は売上高300億円、経常利益29億円と従来予想を変えていません。これで売られたのは利益進捗率が67%といまいちだったからでしょうか。
でも第3四半期経常が10.75億円ですから、達成不可能な数値ではありません。
予想通りなら今期は前期に続いて最高益更新となりますが、純利益ベース(会社予想は30億円)では前期の最高益を95%上回ることになります。

会社四季報は2023年6月期は売上高390億円、経常利益40億円と一段と拡大、連続で最高益を更新すると予想しています。
売られる業績ではありません。地合いが悪すぎるからでしょうか。

株価は決算発表前の5/9から32%超、昨年10月高値から51%超下落しており、テクニカル的に売られぎ状態となっています。
底入れはまだ確認されていませんし、買いシグナルを発しているテクニカル指標もありません。
ですが、ここは売られすぎ状態となっていることを信じ、狙い目ではないかと思います。
信用倍率は21.29倍と買い長で買い残が113万株ありますが、「貸し株」も100万株超出ています。需給に問題はありません。
なおPTSは935円+15円、出来高100株となっています。

(21日株価920円-21円) 買いゾ~ン1000円まで 見切りライン899円(厳しめに取っています)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制