ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

チェンジ(3962)

今9月期はV字拡大し最高益を大きく更新の見通しです。底入れ反転したここは狙い目!

きょうは9月決算企業。来月の決算を期待した銘柄です。
同社株は5/15の決算を受け、ストップ安を交えて急落していました。第2四半期経常が1.29億円と第1四半期の3.12億円より大きく減少していたからです。
8/14発表の第3四半期までの累計決算は売上高53.29億円(連結への移行で比較不能)、経常利益7.24億円(同)と凄いものでした。
ただ株価はこれを受け、売られる展開となっていました。
第3四半期が売上高16.64億円、経常利益2.83億円と期待値ほどではなかったからかもしれません。
凄い高収益ですが、業績には季節性があるようです。
同社が中間期業績見通しを公表していないのもそれが原因なのかもしれません。

2019年9月期は売上高74.88億円(同)、経常利益13.23億円(同)と最高益を見込んでいますが、会社四季報は「会社比弱気」とし、経常利益を10.80億円に減額しています。
しかし、単独決算だったその前の期が売上高26.04億円(前期比31%増)、経常利益5.13億円(同57%増)だったことを考えると凄い増収益です。

会社四季報は2020年9月期については買収したトラストバンク(ふるさと納税関連業者)のフル寄与で売上高99億円(同41%増)、経常利益18億円(同36%増)と凄い増収益を予想しています。

4月の直近高値からの下落率は60%超。テクニカル的に売られすぎ状態となっていましたので、8/29の1713円で底は入れたとみられます。
これまでの下げで業績不安は織り込んだとみられるので、底入れ反転の動きに変わりつつあるここは狙い目でしょう。
信用買い残は56万株とやや過大ですが、「貸し株」が55万株超出ています。需給に問題はありません。

(4日株価2114円+52円) 買いゾ~ン2230円まで 見切りライン1853円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制