ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > タケエイ(東マ2151) 

注目の厳選銘柄

タケエイ(東マ2151) 

 東京市場は年末年始に大きく下げてしまいましたが、そうした中でも同社株は比較的しっかりした動きを見せていました。全面安相場の中でこうした動きを見せているのは基調が強いからにほかなりません。まだ底入れ確認とまではいきませんが、12/20の3050円が多分底でしょう。
 改正建築基準法の施行で業績悪化懸念が広がっていましたが、コンクリート廃材や石膏ボード、木片といった建設廃材の入荷は9月中旬以降回復に転じています。同社の場合、建設廃材に占める住宅部門の比率は5%あるかないかで、そのほとんどはビル関連廃材となっています。ビルの解体時や竣工時にほぼ半々の割合で出てくる建設廃材の処理や再資源化が同社の主力事業。
 耐震性確認作業の遅れから住宅着工件数は5ヶ月連続で大幅な減少が続いていますが、ビル部門はいたって順調。住宅関連メーカーでは業績下方修正が相次いでいますが、大手ゼネコンではそういう動きにはなっていません。このことからも業績面で大きく落ち込むことはなさそうで、今期も大幅増益基調が続く見通しです。
 時価はPER18倍台と成長性の高さを考えると割安顕著な水準。大和総研が目標株価を5000円設定していることや、株価が上場来安値圏にあることからも狙い目は大とみます。(株価3570円+140円 見切りライン3200円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制