ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ソネットエンタテイメント(東マ3789)

注目の厳選銘柄

ソネットエンタテイメント(東マ3789)

 ソニーの子会社でネット接続のSo-netを運営しているネット関連企業。DeNAとソネットエムスリーの大株主でもあります。足元の業績は好調で、ここまで売られる理由は特に見当たりません。DeNAが急落したため筆頭株主の同社も同じように売られたのではないかと思われます。チャートを見れば分かりますが、DeNAと同じ動きになっています(上げ始めたのも同じ日です)。 今回の急落で両銘柄とも昨年9月26日から始まった上昇相場のスタートラインに戻ったことになります。DeNAが下げ止まったことや本日の株価反騰で、同社株も目先の底を入れた可能性が出て来ました。子会社のソネットエムスリーも反発に転じています。そろそろ仕込み場でしょう。(株価300000+10000円 見切りライン270000円)

(続報)アクロディア(東マ3823)333000円+10000円

5日線をクリアーして引けました。下値も切り上がって来ています。あとは25日線の346840円と200日線の358260円をいつ抜くか?です。


(続報)DeNA(2432)550000円+36000円

チャートが良い形となりました。リバンド基調継続で5日線を越えて引けました。業績は予想以上のペースで伸びているようです。1/30に第3四半期の決算発表があります。


(続報)トライアイズ(HC4840)4140円+330円

ストップ高がありましたが、昨日と同じで引け間際に売り物が出て下げました。意図的な感じがします。1/15には中国のIT企業のM&Aが完了。1/24には2回目の払い込みも終了します。企業再生の「穴株」ですが、割り切れる方向き。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制