ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

セレスポ(JQ9625)

サプライズの決算を受けて急伸した後、調整しましたが、調整一巡感が出つつあります。下げ渋ってきたここは狙い目!

先行き見通し難から何を買ったらいいか分からない相場になっています。そんな状況ですから無理な売買は控えてください。流れが変わる可能性はありますので、銘柄は下値不安の乏しいものを中心に紹介しています。
本日はエンビプロ(5698)か同社かで迷いましたが、同社に決めました。
チャート分析上、底を打ったのではと思ったからです。

サプライズの決算を受けてストップ高2連荘を交え1622円まで急伸した後、大きく調整しました。高値からの下落率は33%超。テクニカル的に売られすぎ状態となっているわけではありませんが、既に下げ渋る動きに変わっています(テクニカル的にはニュートラルな状態にあります)。
決算発表前の880円から高値までの上昇幅は742円。
チャート分析上は上昇幅の3分の1押しか半値押し、3分の2押しが底入れの目安(そこで下げ止まらなかったら元の水準まで下がってしまいます)となりますが、株価は3分の2押し水準(1127円前後)まで下げてから反転しようかという動きになっています。

11/30以降、伸び切れなかったのは地合いのせいだったからかもしれません。
また12/3の上伸だけで反転に転じたとも言えません。言えませんが、見切りラインを厳しく取れは損失は限定されます。それでここは狙い目と判断しました。

9月中間期は売上高129.20億円(前年同期比638%増)、経常利益11.85億円(前年同期は▲9.16億円)と凄い内容となりました。
同社は中間期業績予想は開示していませんが、会社四季報の予想が売上高65億円、経常利益3億円ですから、サプライズの内容といって過言ではありません。
この決算を受け、未定としていた通期業績を売上高230億円(同423%増)、経常利益22.50億円(前期は▲15.28億円)見通しと発表。2020年3月期の最高益(12.20億円)を2期ぶりに大幅に更新の見通しです。
信用買い残が57万株ありますが、「貸し株」も41万株超出ています。需給に問題はありません。
寄り前の気配が大幅安の990円となっていますので、心配な方は寄った後の動きを見てから買ってください。

(3日株価1183円+86円) 買いゾ~ン1230円まで 見切りライン1079円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制