ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

セック(3741)

底入れ反転の動きに変わろうとしています。こうした中、増額修正を発表しています!

あしたから決算発表が始まりますので、きょうは「銘柄無し」にして発表を待ちたいと思っていましたが、決算ものでいいのが見つかったので紹介します。
2/26に紹介したセックです。前回は見切りライン割れとなりましたが、テクニカル的に「超」売られすぎ水準まで下げてから反転の動きに変わっています。
その過程で紹介時の株価(3855円)近くまで戻す場面がありました。基本的な見立ては間違っていなかったとみています。

そうした中、2019年3月期売上高を57.50億円→59.81億円(前期比15%増)に、経常利益を8億円→8.89億円(同29%増)に増額修正し、配当(期末一括)を43.00円→48.00円に引き上げると発表しました。
過去最高益は2001年3月期に記録した9.0億円ですが、今期はそれに迫る見通しとなっています。
配当は好調な第3四半期決算を受けて38.00円→43.00円に引き上げると発表してからの再増配です。
経営の先行きに自信があるからでしょう。

順調なら2020年3月期は19年ぶりに最高益を更新する可能性大です。
ただ会社四季報は2020年3月期は売上高61億円(当初予想比で6%増)、営業利益7.80億円(同6%増)、経常利益7.80億円(同2%減)と増収となるものの、経常利益は減少すると予想しています。
気になる予想ではありますが、本業ベースの営業利益は拡大する予想になっています。

相場はリスクオンの動きになりつつありますが、そうした中、上がっていません。
その意味でも狙い目ではないかと思います。
信用倍率は7.45倍と買い長で買い残が13.8万株ありますが、「貸し株」が19.2万株出ており需給は良好です。

(22日株価3610円-5円) 買いゾ~ン3800円まで 見切りライン3509円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制