ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

ズーム(JQ6694)

好決算なのに間違って売られた銘柄です。売られ過ぎたここは狙い目!

2017年3月のIPO銘柄です。
同年12月に公開価格の2.3倍の3540円まで上昇した後は売り物に押される動きとなっています。
2019年1~3月期決算(5/13発表)を受けて急落しましたが、足元は下げ渋る動きから反転の動きに変わろうとしています。テクニカル的には「超」売られ過ぎ状態となっていましたので、6/4の1313円で目先の底(=2番底)は付けたとみられます。

2019年1~3月期は売上高19.63億円(前年同期比27%増)、経常利益0.22億円(同44%減)と大幅増収・大幅減益となりました。
大幅減益が急落につながったようですが、会社四季報が中間期経常を2.80億円と予想していたことも失望売りを誘ったのではないかと思います(注:同社は中間期業績予想は非開示としています)。
ただ本業ベースの営業利益は0.42億円(同38%増)と大幅な伸びになっています。会社資料には前年同期に計上された保険解約返戻金0.29億円が当期はなかったため減益になったと出ていました。
ここは営業利益の大幅増、売り上げの大幅増を評価すべきではないかと思います。
通期業績は売上高85億円(同10%増)、営業利益6.16億円(同136%増)、経常利益6.73億円(同94%増)と大幅な増収益を予想しており、最高益を大きく更新の見通しです。

決算を分析しないで表面上の数字を見て急落しただけに、いずれ修正されるはずです。
その意味でここは狙い目でしょう。
信用買い残は5.7万株と過大ですが、「貸し株」も2.7万株出ています。需給はそう悪くありません。

(26日株価1506円+49円) 買いゾ~ン1600円まで 見切りライン1366円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制