ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

スズケン(9987)

この環境下で増額修正を発表しました。きっかけ待ちの動きになっていたので、ここは狙い目!

本日は候補銘柄が多く絞るのが大変でした。選んだのはスズケン。政府の「緊急事態宣言」を受け、4月から国内すべての企業でその影響が出始めているため、業績面での不安が乏しいことが決め手となりました。

2020年3月期売上高2兆1330億円→2兆2130億円(前期比3%増)に、経常利益を329億円→414億円(同25%増)に増額修正、一転、増益になる見通しと発表しました。
主力の医薬品が新薬を中心に予想以上に伸びたのが主因です。売り上げ増に伴う増額修正は評価される公算大です。
ただ2021年3月期については、
新型コロナウイルス感染症の世界各国における拡大状況と当社グループの国内外における状況等を踏まえ、現時点では業績に影響を与える未確定要素が多いことから、業績予想の算出が非常に困難なため、5月11日に開示を予定しております発表時点においては、2021 年3月期の業績予想を「未定」とさせていただきます。
と出ています。
同社ですらこうですから、今回は多くの企業が業績予想を発表しないのではと見ています。

昨年5月の直近高値からの下落率は54%超。
3/13の3175円で大底は入れていますので、好実態が徐々に評価される動きになるのではと見ています。
信用倍率は2.86倍とやや買い長ですが、「貸し株」が116.8万株出ています。28日の出来高が51.9万株ですから需給面からも注目されます。
足元はきっかけ待ちの動きになっていますので、ここは狙い目とみます(なお制限値幅は700円です)。

このほか買い推奨を考えたのは…
三菱紙(3864:チャートも最高)、セプテーニHD(4293・チャートも最高)、テクノプロHD(6028、チャートも最高)、ジオスター(東証2部5282、チャートも最高)、ソウルドアウト(6553)、日本エスコン(8892・チャートも最高)です。

このほか、「業績はパッとしませんが、チャートからは絶対買いだ。多分、織り込み済みでしょう」というのが、
合同製鉄(5410)、日本電気硝子(5214)、北川鉄工所(6317)、ダイハツディーゼル(6023)、オークマ(6103)、日本通運(9062)、バンク・オブ・イノベーション(M4393)、BEENOS(3328、少し下方修正しただけで業績は良好です)です。
この中に眼鏡にかなう銘柄があったら各自の判断で売買してください。

(28日株価3980円+35円) 買いゾ~ン4500円まで 見切りライン3619円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制