ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

スクロール(8005)

業績は予想以上です。売られすぎたここは狙い目!

昨日の日経平均は182安の27753円と12/1水準からさらに下落しました。値下がり銘柄数は1431もありましたが、新安値更新銘柄は237と前日の528銘柄から大幅に減少していました。そんな中、騰落レシオがとうとう70%を割り69.23%まで下げてきました。
底を入れつつあるのではと見ています。

本日はスクロール。
11/1.の早朝(07:47)に以下のように紹介していました。
●スクロール(8005)・・・チャートは魅力的ではないが、OKと判断しました。9月中間期経常は47.81億円と予想以上。会計基準変更前の前年同期経常は41.57億円でした。これを受け、通期経常を47億円→60億円に大幅増額しています。
好調な決算から配当も20.00円→48.50円に大幅に引き上げるとしています。
PTSは899.6円+36.6円(4.24%)、出来高22200株。

決算を好感して995円まで上昇した後、一転売られる動きになっています。決算発表前の株価を大幅に下回る水準まで下げていあり、テクニカル的には「超」売られすぎ状態となっています。
前回の紹介時には「底入れはまだ確認されていませんが」としていましたが、今回は12/1の下ヒゲ陽線でその可能性が出てきたのではないかと思います。

9月中間期は売上高418億円(会計基準変更で比較無し)、経常利益47.08億円(同)と会社四季報予想(経常利益で43億円)を上回る内容。
これを受け、通期売上高は800億円(同)予想を変えていませんが、経常利益は40億円→60億円(同)に大幅に引き上げています。進捗率からは増額期待の高まる内容で、今期は一転増益となり前期の最高益(75.19億円)を更新する可能性もあり得る内容となっています。
ここにきて変異型ウイルス「オミクロン株」が出てきたことは同社にはプラス。

売られ過ぎ状態のここは狙い目でしょう。
信用倍率は3.553倍とやや買い長で買い残が193万株ありますが、「貸し株」も202面株超出ています。需給は良好です。
なおPTSは770.1円-0.9円、出来高500株となっています。

(2日株価771円-25円) 買いゾ~ン820円まで 見切りライン758円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制