ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ジャパンシステム(JQ9758)

注目の厳選銘柄

ジャパンシステム(JQ9758)

凄い業績を発表したのに株価はほぼ「往って来い」状態となりつつあります!

5月15日にデジタルインフォメーションシステムを紹介した時、買い推奨するか最後まで迷った銘柄ですとコメントした銘柄です。
決算を受けてストップ高2連荘となり677円まで上昇しましたが、その後は一転、売られる展開となっています。
まだ下げ止まってはいませんが、昨日は長い下ヒゲ陽線チャートで終わっています。
チャートからは底入れした可能性が出てきました。
昨日の安値が525円ですから、498円~578円どころの「窓」はほぼ埋めたことになります。

業績は急ピッチで回復しており、2017年1~3月期は売上高33.19億円(前年同期比21%増)、経常利益5.18億円(同209%増)と凄い増収益を達成しています。
同社は業績見通しを発表していません。
会社四季報では今期業績を売上高108億円(同1%増)、経常利益4.50億円(同20%増)と予想していますので、信じがたい業績と言えます。
2010年以降の最高益は2011年12月期に記録した6.18億円(単独ベース)ですから、今期は6期ぶりの最高益となります(2015年12月期からは連結ベース)。単独での最高益は1991年3月期の13.9億円ですから、進捗率からみて26.9年ぶりの最高益更新となる可能性も大です。

信用買い残が109.2万株ありますが、「貸し株」が82万株超出ており需給に問題はありません。
業績が様変わりに好転しているのに「往って来い」となりつつありのは非自然です。
その意味でここは狙い目でしょう。

(5日株価555円-2円) 買いゾ~ン565円まで 見切りライン501円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制