ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

シークス(7613) 

 引けは3円安となりましたが悪い動きではありません。一時は20円高の388円まで上がる場面もありました。本日の全面安相場の中では相当な強さといっていいでしょう。
 100万株(発行株数の4.07%)、4億5000万円を上限とした自社株買い(取得期間は2/17~3/4)を発表しています。同社の浮動株は156万株強しかありませんから計算上その64%を買い上げることになります。期間はあと8日しかありません。インパクトは相当なものになるのではないでしょうか。
 株価急伸に伴い大量のカラ売りが入り、昨日から「日々公表銘柄」に指定されました。18日時点の信用残高は売り87万8000株に対し買いが38万1000株。信用倍率は0.43倍と大幅な売り長で逆日歩も30銭発生しています。
 今12月期は減益見通しとはいえ減益幅は31%。そう悪いわけではありません。予想PERはわずか5.4倍台。PBRも0.62倍台に過ぎません。
 足元の株価は高値もみ合いとなっていますが、本日の相場で下げないことは基調の強さを物語っています。急伸当初は株価に相当な過熱感が出ていましたが、もみ合い4日でそれも薄らいできました。煮詰まったら一気ではないかと思います。まだ過熱の余韻は残っていますが、来週月曜日には25日線と75日線がゴールデンクロスします。株価の中期トレンドを示す75日線が上向いている中での最高のクロスです。ここは狙い目でしょう。(株価365円-3円 見切りライン330円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制