ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > シルバーライフ(9262)

注目の厳選銘柄

シルバーライフ(9262)

先行投資負担から今期は減益見通しですが、売られすぎと判断しました!

きょうはシルバーライフです。
昨日、決算を受けて急落(下落率9.4%で東証1部の第3位)しましたが、下げすぎではないかと判断しました。
柱は高齢者施設及び高齢者向けの配食サービスのFC運営ですが、キッズ向けなど普通の宅配も行っています。
人口の高齢化を背景に業績は順調に拡大しており最高益更新が続いています。
2020年7月期も売上高88.32億円(前期比13%増)、経常利益10.86億円(同8%増)と増収増益を達成、最高益を更新しました。
ただ今期は売上高95億円(同7%増)、経常利益7.70億円(同29%減)と増収は維持するものの、大幅減益を見込んでいます。
株価的にはこの減益が響きました。

調べたら来年早々稼働する第2工場の減価償却費負担が大きく増加すること、基幹システムの移行でシステム利用料及びその減価償却費が増加することが理由と分かりました。
先行投資が響くわけです。
コロナ禍の影響はあまりありません。ただ高齢者施設向けの販売は、販売単位の定量化(意味不明)による影響で売り上げが減少傾向にありますが、今年4月から投入した冷凍食材「こだわりシェフ」効果もあって減少傾向は緩やかになっています。
コロナ禍のさなかにあった前期の下期(2~7月)は売上高46.20億円、経常利益6.47億円と上期(売上高42.12億円、経常利益4.86億円)より売り上げ、利益とも良くなっていました。
これはその効果かもしれません。

昨日は大幅安となりましたが、チャートは長い下ヒゲ陽線になっています。底入れをうかがわせる形です。
信用倍率は1.80倍と接近しており「貸し株」が33万株超出ています。需給は良好です。
寄り前の気配は38円安の1950円カイとなっています。
ここは狙い目と見ますが、心配な方は無理する必要はありません。

(14日株価1988円-207円) 買いゾ~ン2000円まで 見切りライン1854円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制