ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > シルバーエック・テクノロジー(M3961)

注目の厳選銘柄

シルバーエック・テクノロジー(M3961)

きょうは割り切って買える方向き。昨日のアルチザと同じ観点からの銘柄です!

きょうは割り切って買える方向きの銘柄です。昨日紹介したアルチザネットワークスが202円(12.75%)高と急伸しました。それと同じ観点からいけるのではと考えた銘柄です。ほかにも銘柄はあったのですが、きょうが最後のチャンスだと思い、紹介することにしました。
不安な方はスルーしてください。

決算(5/29発表)を受け、2日連続でストップ高買い気配となった後、2194円まで急伸。その後は利益確定売りから調整しましたが、12日の1633円を底に再び反転の動きに変わっています。
6/1は300円高1599円の一本値。6/2は400円高1999円の一本値。6/3は195円高の2195円までありました。
これだけ急伸したのですから利益確定売りが出るのは当然。3月安値からの上昇率は3.25倍にもなっています。

問題はその後の動きです。
相場が急落した11日は34円高と逆行高。12日は199円安で始まってから切り返し41円高の1865円とまた逆行高。15日はあの全面安の中、大幅高で始まり153円高の2018円まで上昇。しかしその後は地合いに抗し切れず売られました。しかし下落幅はわずか63円。基調が強かったから出来た芸当です。
昨日は237円(12.59%)と急伸しましたが、ここは追撃買いのチャンスではないかと判断しました。

2020年1~3月期は売上高2.90億円(前年同期比23%増)、経常利益0.60億円(同231%増)と大幅な増収益を達成しました。
中間期予想が売上高5.14億円(同8%増)、経常利益0.45億円(同64%増)でしたから、経常利益はそれを大幅に超過達成しています。
通期業績は売上高11億円(同10%増)、経常利益1.41億円(同27%増)を据え置いていますが、進捗率からみて大幅な上振れが濃厚。前期から連結決算に移行していますが、2017年7月期の最高益(1.49億円)を3期ぶりに上回る可能性大です。

決算プレーは織り込んでないのを織り込む動きです。ですから短期勝負が基本となりますが、それでもストップ高が2日も続くというのは異常です。買われるだけの理由があったということです。
AI(人工知能)を用いたマーケティング支援サービスが主力。時流に乗った業態で、その会社の業績が予想以上だったから買いが集まったはずです。
今後は決算を分析した大口が買って来ます。これまでの経験則からそうなるはずです。

2016年9月のIPOですが、公開翌月の上場来高値4620円に比べたら時価は半値以下にすぎません。
ここは追撃買いの好機と判断します。
コロナの影響も現時点では軽微と会社資料には出ています。
信用買い残は18.4万株、「貸し株」は2.7万株あります。昨日の出来高が21.72万株ありますから、需給には問題はありません。

(17日株価2120円+237円) 買いゾ~ン2200円まで 見切りライン1632円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制