ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

シノプス(M4428)

2021年12月期はV字回復見通しです。上場来安値圏まで下げたここは狙い目!

きょうは様子見も考えたのですが、シノプスを紹介しすることにしました。
2018年12月のIPO銘柄で、株価は上場来安値圏まで下げています。コロナ禍で業績が悪化したからですが、大底は付けており、下値リスクは乏しいとみています。
チャート的には3月の1051円が1番底、5月の1500円が2番底、9月の1590円が3番底で、下値を順調に切り上げるいい形になっています。
来期のV字回復を考えたらここは買いではないかと判断しました。

小売業向けに需要予測型の自動発注システムを手がけています。
コロナ感染症の拡大で商談の遅延や停滞があったため、業績は急速に悪化しました。
6月中間期は売上高3.42億円(前年同期比5%減)、経常利益▲1.13億円(前年同期は▲0.11億円)と減収となり、赤字幅拡大となりました。
予測困難なことから通期業績予想は未定としていましたが、中間決算を受け、売上高10億円(同7%減)、経常利益0.33億円(同88%増)見通しと発表しています。

この決算(8/11発表)を受けて大幅安したので業績不安はすでに織り込まれています。
赤字ではありますが、四半期ごとに見たら1~3期は売上高1.54億円に対し経常利益▲0.74億円、4~6月期は売上高1.88億円に対し経常利益▲0.40億円となっており、コロナ禍の中、採算はむしろ良くなっています。
下期にかけ更に良くなると予想しています。
会社四季報では来期は売上高12.50億円、経常利益2.30億円とV字回復を予想しています。
業績が良くなる方向にあるわけですから、ここは狙い目でしょう。
信用買い残が23.8万株ありますが、「貸し株」も38.2万株出ています。
需給は良好です。

(6日株価1794円-51円) 買いゾ~ン1890円まで 見切りライン1667円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制